YOGAの日々。


by lotusflow3r

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月のクラスご案内

アーユルスペース 響> 10月のクラスレッスン

<火曜日> 13・20・27日    午前10時~11時30分 / 午後7時~8時30分

<水曜日> 7・14・21・28日  午前10時~11時30分

<金曜日> 9日           午前10時~11時30分
  
<土曜日> 10・17・24日    午前10時~11時30分

<日曜日> 11・25日     午前10時~11時30分 / 午後12時~1時30分
         18日         午後2時~3時30分
        
■各回定員5名 
■レッスンフィー 1500円
  ≪初回のみ体験レッスン500円でお受けいただけます≫
メール : ay.hibiki@gmail.com
電 話 : 04-2942-6997


スタジオ・ヨギー> 10月代講クラス
10月から都内のスタジオ・ヨギーでお仕事をさせていただくことになりました。
よろしくお願いします。

 9日(金) 18:30~19:45 エナジー 〔渋谷〕 / 20:15~21:30 リラックス 〔渋谷〕
19日(月) 16:30~17:45 リラックス 〔渋谷〕 / 20:15~21:30 リラックス 〔銀座〕
22日(木) 18:30~17:45 エナジー 〔神楽坂〕
26日(月) 16:30~17:45 リラックス 〔渋谷〕 / 20:15~21:30 リラックス 〔銀座〕
29日(木) 18:30~17:45 エナジー 〔神楽坂〕


<新所沢PARCO ビッグバンカルチャーセンター> 
コンディショニング・ヨガ 毎月第二・四土曜日 17:00~18:30 (登録制・3ヶ月更新)


<黄金井倶楽部・小金井体育館>
コンディショニング・ヨガ 毎週木曜日 10:15~11:45 (登録制・月会費制)
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-28 22:19 | YOGA

食べて、ananda~

c0196611_0202083.jpg今日は、アーユルスペース響のお隣・・・四季亭『三浦』でお食事。
いつも手作りのおいしいお料理をたくさんいただき、大満足です。


c0196611_0211317.jpgかわはぎのたたき風+さより、まぐろお刺身、ウニ、イクラ醤油漬、たら白子のポン酢、アマダイ干し物、キスの天ぷらなどなど、旬の味覚がずらっとならび・・・ついついご飯をお替り。お腹がいっぱいになりました!
キスの天ぷらの写真とろうと思ったのに・・・おいしそうで、うっかり食べちゃいました(笑)
アツアツ、肉厚のキスは最高です!
食いしん坊の真髄・・・ダンナは白いご飯にまぐろ、うに、いくらを乗せて海鮮丼・・・おかみさんから海苔を乗せてもらって、満面の笑み(笑)


c0196611_027969.jpg白子は、臭みも全くなく、濃厚でこくがあり、甘さを感じるほどの滋味。まぐろもとろけるような旨さ。
アマダイは残った骨に熱湯をかけてしばらくおくと・・・なんとも高級なお吸い物に変身!驚きました。
ウニは、満月を過ぎると、なくなるって聞いて・・・え~?と思ったら、卵だから、産卵しちゃうからですよ~と言われて、そうか!と納得。


c0196611_027494.jpgおいしいものをいただくと、身体も、心も、喜びに包まれます。これこそ「至福」・・・anandaです016.gif
食いしん坊の幸せ~ヽ(`◇´)/
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-27 00:28 | LOVE

月下美人

c0196611_1222729.jpg昨晩、初めて月下美人が花開くのを観察しました。(@ダンナさまの実家)

到着したのが夕方・・・ちょうど月下美人が咲き始め、風に乗って優しい香が運ばれてきました。
葉っぱの先から花がついて、白くて丸い、精巧な美しさの花が咲きました。

10分ごとに花が少しずつ開いていくのがわかりました。 蓮の花にも似てました。
自然の美しさに感謝!
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-25 01:22 | NATURE

学ぶことと伝えること

金曜日から3日間、アヌサラヨガのティチャートレーニングを受けました。
今回の先生は、ダレン・ロード
アヌサラ正式認定インストラクターで、アヌサラのシラバス(ポーズ)ポスターのモデルとなった方で、これどうやってやってるの?と思うようなポーズまでできちゃうヨギです。
c0196611_1164341.jpg

アヌサラの創始者ジョン・フレンドから、『Adhikara(アディカラ)』(サンスクリット語で学びの心、初心などといった意味)の国、日本で教えてくるようにと言われて、来日したそうです。

私は2年前にジョン・フレンドのティーチャー・トレーニングを受けましたが、その時と今の違いを認識しました。

2年前、5日間のトレーニングのうち2日目の昼・・・涙があふれました。
それは、アヌサラヨガを教えていく、ヨガの先生をするという『覚悟』が足りなかったことを知ったからです。

今回、3日間のトレーニングで、その覚悟がどう変化したかを試されることになるな・・・と思っていました。
そして学びたいことは、技術的に、精神的に、生徒さんたちにどうやったらよりよいクラスを提供できるか。スキルを身につけて、捧げられるようになりたいと思って臨みました。

最終日、ランチまえのシャバーサナ(最後のお休みのポーズ)で、涙があふれました。
それは、感激の涙です。(巨人の星の星飛馬の「とうちゃん、俺は今、ものすごく感動している!」という感じ)
どうしてそんなに感激しているのか・・・考えてみました。
それは、感謝の涙。
こういう質の高いトレーニングを受けることができたこと。
それをお返しできるヨガのクラスを持てていること。
受け取ることと捧げること、それができると言うことのありがたさ。
感謝の気持ちが涙と共にあふれました。
覚悟は、この2年の間に、自分の中で醸成されていたようです。だからこそ、感謝の気持ちが強くなったように思えます。

2年前、ジョンのトレーニングで、彼は「privileged people」という言葉を使い、トレーニングに参加している私達に向かって、特別な存在であること、恵まれているということ、使命を担っていることを強調していました。
その時は、確かにトレーニングを受ける時間もあり、お金も払うことができ、選考にも通って選ばれた存在であることは事実、トレーニングを受けられることの幸運は感じていました。それは表面的な理解でした。
今回、そのときの「privileged people」という言葉の持つ意味をはっきりと認識しました。
アヌサラヨガを伝えると言うことの、大きな意味。ヨガを教えることができる立場であること。何よりも、トレーニングを受け、学ぶチャンスが与えられていること、それを伝えるクラスがあるということは、とても素晴らしいことです。

その感謝の気持ちと、自分はなんて幸せなのだろう・・・という涙でした。

そして今回は、私たちのところに匠がやってきて、ティーチングをさらに質の高いものへと導いてくれました。まるでビフォア・アフターのように、ずっと使ってきた家の良さを残しながら、新たな姿に変化させてくれたのです。

たくさんの仲間と学べることもまた刺激的でした。
アヌサラを一緒に勉強してきた仲間と共に、真摯に学べることは、とても幸せなことです。

アヌサラヨガの特徴でもある、タントラ哲学に基づいた考え方、5つの普遍的原則、KULA(仲間・つながり)。
このKULAは、神からの贈り物と言ってもいいくらい、素晴らしいものです。

さて、これからです。
学んだこと、課題を一つ一つクリアしながら、クラスをより質の高いものにして、クラスにきてくださる皆さんにお伝えし、少しでもお役に立てるよう・・・新たなスタートを切りました。
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-21 01:15 | YOGA

秋の足音

c0196611_114586.jpg小金井公園に通い始めてから、四季の変化を実感することが多くなりました。
変化を目で、身体で感じられるって、幸せ~(~o~)


c0196611_1143535.jpg今日は歩くとじんわり汗かくくらいの暑さですが、どんぐりが落ちていたり、コスモスが咲いていたり…秋です。

栗ご飯が食べたい! どちらかというと、食欲の秋ですね058.gif
舌でも、実感したい(笑)
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-18 01:13 | NATURE

body/mind/spirit

ずっと前から読もうと思っていて、手をつけていなかったデーパック・チョプラ氏の本、「クォンタム・ヘルス」。
スピリチュアル・ヨーガは読んだことがありますが、とても評価の高い「クォンタム・ヘルス」は未読でしたから、10月1日のセミナーに行く前に読んでおこうと思って、友人に借りて読みました。

クォンタムとは量子のことを意味します。
アーユルヴェーダの論理を量子力学から紐解いて解説してくれています。
アーユルヴェーダについては、多少なりとも勉強し、アーユルスペース響ではその施術も友人が行っていることから、本からの知識だけではなく、臨床的な面から見た実践的な話も聞く機会があるため、一応最低限は理解しているつもりでした。
このクォンタム・ヘルスで、心から身体へと影響を及ぼす過程を科学的に学ぶことができた感じがします。

また、7月にはインド哲学についてカルロス・ポメダ先生のワークショップで学びましたが、そこで話されていた全てのものは震動(脈動)していて、その震動(脈動)が私たちの身体や物質を形作っている。その震動(脈動)は、原子レベル、目に見えないレベルでの因子のつながりを生む・・・。
非常に大雑把な言い方をすると、心が身体を作っていくといったことです。

そしてチョプラ氏の本を読んで、新たに発見したのは、量子力学と哲学で説明していることは同じであり、それは科学的に証明されていると言うことが明確に記されていました。
ご興味のある方は、とにかくお読みになってみてください。

身体は心が作り出している。
これは頭で論理的に理解していても、自分の身体で体感することはなかなか難しいことだと、以前は思っていました。

ちょうど時を同じくして・・・「身体が変った」とのお言葉をいただきました。
自分でも、1年前に会社を辞めて、ヨガの仕事だけにして、毎日ほぼのんびりと過ごしてきました。
最初のうちは、母の死や会社を辞めて生活のペースが変ったことなどから、なかなか身体の緊張がほぐれないかんじがしていましたが、ちょうど母の1周忌を過ぎたあたりから、今まであったこわばりが大分消えたことに気づきました。
身体がほぐれてきたのです。筋肉もカチっとしていたのが、柔らかくなってきて、こんなにも身体って変るんだなぁと実感していました。
そんな時に、チョプラ氏の本を読み、そして「身体が変った」、「筋肉量が減ったわけではなく、緊張してこわばっていた身体がほどけてきた感じがする・・・」と言われ、心の変化で身体が変ることを実感しました。

心の動きによって、私たちの細胞、遺伝子など微細なレベルへとその心の震動が伝わって行くのだということです。
緊張すると身体がカチカチになって、今までできたことができなくなる・・・といった経験をしたことがあると思います。そうやって心と身体がつながっていることは、感覚的に実感できます。
しかし、急に変化が起こるのではなく、気がついたら変っていた・・・ということで、心の動きから身体が作られていくということを知ったわけです。
先日のバット先生のセミナーでも同様のことを先生はお話されていました。

だから、意思で身体だけではなく、運命も変えられるというのは、決して非科学的なものではないんだ!と納得したわけです。

私の稚拙な説明では、お伝えできてないと思います。もう少し勉強して、もっと説明できるようになったら、またブログでまとめてみたいと思います。
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-16 02:03 | HUMAN

gift from the flower

c0196611_0122816.jpg今年もとてもきれいで、ほのかに香る花を咲かせてくれたPIKAKE(ハワイ産ジャスミン)たち。
涼しくなってきたけど、もうひと頑張り咲いてくれています。

夜には、やわらかく、あたたかい香りを部屋に運んでくれます。

花の香りは、心を落ち着かせ、幸せな気持ちにしてくれる。
パワーを運んでくれます。

ハワイの占いカード「MANA card」の解説では、花は私たちにエネルギーを運んでくれる・・・と書いてありました。今年は、たくさんPIKAKEからエネルギーをもらったなぁ~って実感しています。


c0196611_013150.jpg落ちた花をひろって、我が家の守り神「ガネーシャ」を飾っています。

PIKAKEさん、今年もありがとう。もう少し頑張ってね~。
そして、PIKAKEを育ててくれた、太陽、我が家を守ってくれているガネーシャ、ありがとう058.gif

[ガネーシャは、バリから船便で運んで、若干損傷、修復してます。面長で、ややスマートなのが特徴]
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-15 00:12 | NATURE
6月の日記に書いたガヤトリマントラのWSから、ほぼできる限り毎日3回、太陽に向かってマントラを唱えています058.gif
c0196611_0352546.jpg家にいるときは、ベランダに向かってバリで買ったカエルのいすに座り、隣のおうちに多少聞こえるかも知れないけど、やや大きい声で太陽に向かって唱えます。
外に出ているときは、できるかぎり太陽に向かって小さい声で唱えます。自転車に乗りながら唱えると、小さな声でもすれ違った人がなぜか振り返ります・・・。
すっかり忘れる日もありますが( ̄Д ̄;; 忘れたら心でごめんなさいと言い、次の日に挽回します040.gif 結構適当な性格なもので・・・あとで、と思って忘れることも多々あります(≧≦)

感謝の気持ちといっても、たとえば・・・洗濯物が良く乾くのは太陽のおかげです・・・とか、うちの植物たちを育ててくれて、花が咲いたり、食べられるのは太陽のおかげです・・・とか、太陽があるから暖かく、気持ちよく過ごせます・・・、お布団をフカフカにしてくれてありがとう・・・、太陽の力で元気になれます・・・といった日常的なことです。
できるだけ具体的な方が神様も喜ぶらしい・・・と聞いたので、できるだけ感謝の気持ちは具体的に伝えるようにしています(笑)

眠い日も、ガヤトリマントラを唱えると、すっきり目が覚め、さあ今日も元気にすごせるぞ!と勢いつきます。
元々太陽がとっても好きで、日の出、日の入り、昼間のカンカン照り・・・いつも太陽を見るとウキウキしていました。
その感謝の気持ちを込めてマントラを唱えています。
太陽に向かって目を閉じるだけでも、自分の内側にある暖かさ、太陽をはっきりと感じられるような感覚があります。

太陽に励まされ、自分の向かいたい方向へと進めているなぁと実感します。

あ、でももう一つ、毎朝我が家お小さなお仏壇にも見守ってください・・・とお願いしています。
昔は、人に頼るなんて・・・と自分で頑張ることばかりを考えていましたが、ヨガをやるようになってから、頼ること、お願いすることも大切だと思うようになりました。

太陽は、雨の日には見えないけれど、雲の上、ずっと遠くから私たちを見守ってくれている、そんな存在なのかな・・・なんて思います。
お仏壇に入っている、母もまた私にとっては太陽のような存在です。

photo: 2008.10 sunrise, BALI
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-14 00:32 | YOGA
今日は、午前中のクラスが終わってから、三鷹までインドから来日中のアーユルヴェーダ医師 ビーマ・バット先生の講座に行ってきました。
バット先生は、とても著名な方で、毎年日本に来日し、セミナーなどを開催しています。私は講座に出たのはこれが二度目。
医師としての臨床経験が豊富で、本で学ぶ知識をより具体的に、しかも実践的にお話してくださるので、非常に勉強になります。日本ではアーユルヴェーダを医学として認められていないので、インドとは実績検証、設備、患者さんの数など、天と地の差があります。今日もとても貴重なお話が聞けました。

響のセラピストである友人が、インドで研修を受けたのもバット先生の勤務する病院、Holly Family Hospitalです。その様子は、響のブログで詳しくご紹介しています、ぜひご覧ください→http://hibikiau.exblog.jp/8801196/

二日間の講座で、初日はアーユルスペース響でアーユルヴェーダの施術を行っている友人が、二日目の今日は私が参加しました。
テーマは、「老人介護に役立つアーユルヴェーダ」(初日)、「リハビリテーションに役立つアーユルヴェーダ」
(二日目)。

「リハビリテーションに役立つアーユルヴェーダ」のポイントをいくつか紹介します。
・人は、ケガや手術、大きなショックを受けるといった刺激によって、風の要素であるヴァータが上がる。
・リハビリが必要な人というのは、ヴァータがあがった状態の人が多いということを前提に考えるべき。

麻痺について・・・
・麻痺には多くの種類があり、症状によって対応が異なる。
・アーユルヴェーダ的なアプローチとしては、パンチャ・カルマがベースとなる。
・身体の片方だけ麻痺する「片麻痺」は、中枢神経系の損傷(上部運動神経麻痺)があり、伸筋が弱る。
 よって、屈筋が縮むことから、手や足のこわばりが起こる。
・マッサージ、リハビリは伸筋をメインに行う。
・顔面麻痺は、片側の筋肉が弱り、口輪筋は骨、関節と接している筋肉ではないので、強いほうへと動いてしまうため、顔の歪みが起こる。顔を動かす顔ヨガが効果的。(柳瀬先生の本「顔ヨガ」をご紹介していました)
・麻痺全般を通して、それぞれの症状にあわせたオイルを麻痺している患部に塗布、発汗させること。また、薬草の煮汁に浸す、ホットタオルを浸してから患部に当てる・・・といった施術を行う。
その上で、それぞれの症状に合わせたアーサナを行うことが有効。

関節炎について・・・
・リウマチは、女性に多く、出産・流産・中絶などのあとに発症・悪化することが多い。また消化力の弱い人に多く、それは消化されなかったものが体内に残り、引き起こされるため朝発症しやすい。
・急性期はオイルマッサージは行わない。熱や腫れがなければ薬草オイルを使って塗布・発汗を行う。
・全ての関節を動かすリハビリ、アーサナが有効。とにかく痛くても、ゆっくり動かすこと。動かさなければ、動かせないまま一生過ごすことになってしまう。

手術後のリハビリについて・・・
・術後数日たって、数値が安定したら薬草オイルを薄く塗布し、ホットタオルで温める。足を上下、左右に動かすなど、ゆっくりと動かし始める。
・2週間後ぐらいから、もう少し身体を動かす。特にオススメなのが、膝にタオルを挟んで中心へと両膝を寄せるといった動き。

***************

とても良い勉強になりました・・・。それにしてもインド英語は半分ぐらいしか聞き取れません・・・ヽ(`△´)/通訳の方は、長年慣れていらっしゃるとはいえ・・・すごいです!

私たちの師匠・・・アーユルスペースRAKUから、今日は柳瀬先生が参加されていて、帰りにちょっと甘いものを・・・ということで、ケーキとコーヒーをご一緒させていただきました。ごちそうさまでした067.gif
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-13 23:31 | HUMAN

依頼

バリの友人から、「日本に住む友人を助けてあげて欲しい」という依頼。
毎年バリに滞在し、懇意にしていたご友人が、ご病気で療養中とのことで、ぜひ元気をつけてあげて欲しい。「ヨガで彼を元気にしてあげてもらえないか・・・」というメールだった。

お役に立てるのなら、ぜひ!ということで、ご連絡を差し上げたところ、気持ちが前に動き始めたところで、少しづつリハビリをしたいとのこと。
また元気になってバリに旅行に行けるよう、お手伝いできれば・・・と資料を送ることになりました。住んでいる場所も、1時間もかからないところなので、ご自宅に行くのも、私がヨガのクラスを持っている『アーユルスペース 響』に来ていただくのも可能。

ヨガでお役に立てるなんて、本当に光栄なことです。
そして、そのバリの友人は、何か大きな閃きを持っている人で、きっと何かによってこの巡り会わせを生んだのだと思います016.gif
[PR]
by lotusflow3r | 2009-09-12 22:43 | HUMAN