アツコです。YOGAとAyurvedaを学び、伝えています。スタジオ・ヨギー、アーユルスペース響などでクラスを行っています。思いつきのトピックを紹介しています。


by ATSUKO_lotusflow3r

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

つぼみ

桜のつぼみ・・・一部咲きはじめた花もあるけど、まだつぼみのまま、何かを待っているかのよう。

つい、忙しいと、焦ったり、あわてたりします。
以前は、歩くのが遅い人、ダラダラ歩いている人をジャマ!!!とイラっとしてました。
いえ、今も時々思います(^▽^;)

急いでいるときは、信号無視して道を渡るのはあたりまえだったし・・・のんびりなんてしてられないよ・・・って思っていました。

会社を辞めたとき、横断歩道を走ってわたるのをやめることにしました。よっぽどのことがない限り、ゆっくり歩くことを決めました。
それまでと正反対のことをしてみたのです。快適です。呼吸がゆっくりになります。

でも、ふと気がつくと、また以前の自分に戻っていることがあります。
当然、仕事で時間までに行かなくてはならないときに、遅れないようにするのは仕方ありません。
そうではないときも、イラっとしながら道を歩くのは止めたはずなのに・・・気ぜわしいと昔の癖がでますね(≧m≦)!

ここしばらく、ちょっと忙しくて、それにこれから2週間は仕事とヨガのトレーニングで、お休みのない日々が続きます。気ぜわしいです。
ちょっとしたことでイラっとしそうになる自分に気がつきます。

桜のつぼみを見て、ああ、桜は急いでなんかいないんだ・・・と思いました。
暖かくなって、自然につぼみが開くのを待っている。
自然と共に呼吸してるんだなぁって・・・思った。

どんなときも、自然や呼吸と調和しながら歩んで行きたいですね。
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-27 01:15 | NATURE

motivation

小金井市民体育館でのクラス、今日は年度の最後。来月からはまた新しい方も増えて始まります。

1年前にスタートしてからのおさらいとして、少し強度を上げたポーズをやった。
半分の逆立ち、Lポーズと呼んでいる、手は床、足は壁を押す、腰のところで折れたL字になるポーズです。

逆さまになる恐怖心であわててしまったり、筋力もバランスも必要なポーズです。
私は初めてやったときに、さかさまになる恐怖心と足がズルズル落ちてきて、情けなるくらいできませんでした(笑)

今日の参加者は約20名、ほとんどの方ができました!
最高年齢は76歳!見事にやって下さいました! 年齢は関係ない!やろうと思う気持ちがポーズへと導いてくれます。

もちろん、できたことは素晴らしいですが、何よりも全員がチャレンジしてくださったことに感動しました066.gif

アヌサラ・ヨガでは、3つのAを大切にしています。
Attitude
Alignment
Action

意思
知識
行動

といった解釈をして、この3つの原則では、まず意思が最初にきます。
そこに知識や技が加えられ、最後に行うこと、実行がきます。


今日の小金井のみなさんは、やってみよう!という意思があり、そこに今まで築き上げてきた技がありました。
だからあとはやるだけだったのです!

motivation・・・それは前に進む力。内側から湧き上がるパワーです058.gif
こういう経験を積むこと、それがヨガだな~と改めて実感!
みなさんの力に感動しました032.gif
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-25 23:07 | YOGA

バトンをつなぐ

お彼岸の頃になると思い出す言葉があります。

人類について作家の埴谷雄高氏は、「精神をつなげて、リレーしている」と語っていました。
また、こうもお話されていました。
「ギリシャ哲学を読んで、(私たちが)わかるということは、それを書いた人と友達だということ」


私たちは、先人達からバトンを受け取り、そしてまたバトンをつないでいるのですね。
母を亡くした後、しばらくはその存在がこの世から消えてしまった淋しさを感じました。
肉体は消えてしまいましたが、ふと気がつくと、母との思い出、家族の思い出が胸をよぎります。母が子供の頃から言っていた言葉の数々が心に浮かびます。
母だけではなく、飼い猫だったテンコちゃんのことを思い出しても同じです。
もう猫はいないけど、あのフワフワした毛や、ピンクのお鼻がシトっと冷たかったことを思い出します。

物質的な存在がなくなっても、言葉や感覚、思い出はしっかりと私たちの中に残っています。
母の教え、もちろん祖父母や父の教え、妹の言葉・・・家族だけではなく、先輩や友人の言葉、その精神を私は受け継いでいます。
バトンを受け取り、また渡す。リレーをしているのです。

ヨガもまた、約5千年の年月を経て現在にバトンが受け継がれています。
もちろん形や方法は変っているでしょう。けれども、ヨガが目指している『幸せ』『平和』『つながり』は現代も変ることがありません。
ギリシャ哲学を読むように、私たちはインド哲学を読み、理解を深めようとしています。先人たちとつながっているのです。

なんと人類は素晴らしいリレーをしているのでしょう!
私も、皆さんも、リレーのバトンを受け取り、そして渡しているのですね。

そのリレーのメンバーの一人として、これからも受け継いだ教えを、精神を多くの人に伝えられるよう、またヨガの智慧を受け継げるよう、日々精進していきます051.gif
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-23 01:35 | HUMAN
4月のスケジュールがアップされました!
http://hibikiau.exblog.jp/10233101/

<4月限定/月・木曜日>
1日(木) 午後7時~8時30分
5日(月) 午後12時~1時30分

<火曜日>
 6日  午後7時30分~9時 ←開始時間ご注意ください 
13日  午前10時~11時30分 / 午後7時~8時30分
20日  午前10時~11時30分 /  午後7時30分~9時←開始時間ご注意ください
27日  午前10時~11時30分 / 午後7時~8時30分

<水曜日> 
14日  午前10時~11時30分
21日  午前10時~11時30分
28日  午前10時~11時30分

<土曜日> 
17日  午後12時~1時30分
24日  午後12時~1時30分

<日曜日> 
11日  午前9時~10時30分←開始時間ご注意ください⇒定員に達しました
18日  午前10時~11時30分⇒まもなく定員です
25日  午前11時~12時30分 ←[代講 サチエ] 1,000円⇒まもなく定員です
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-23 00:50 | YOGA

変化

春は、さまざまな変化が現れる季節です。
引越しや異動、卒業や入学。
気温も寒暖が激しく、急に風が吹いたり、雨が降ったり・・・気候が不安定になります。

そんな時期、私は花粉症なので、ちょっと体調を崩しやすくなります。花粉の炎症で、顔もむくみが出て、恥ずかしいです。

私自身には大きな変化がなくても、周囲でおこる変化、気候の変化は、なにげなく私にも影響を与えているようです。

気持ちが不安定になってくる感じがします。
そんなときは、やっぱりヨガ!
自分の身体を見つめ、心の声に耳をすまします。

今ここに存在していること。
私たちは前に向かって進んでいることを改めて感じます。
変化の波に乗って進みます。

16日は新月ですね。
新月は新たなスタートの日。
変化を受け入れる、始まりの日です。
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-16 02:03 | HUMAN

力を抜く

身体の力を抜くって意外に難しいのです。

結構、力が抜けない人って多いです。
私もそうでした。まだ時々力が入るけど・・・前に比べれば全然抜けるようになった。

なぜ抜けないか・・・緊張しているから。
気持ちが安定していない、不安感があると、どこかにこわばりが生まれるようです。

これでいいのだ!と思うこと。
自分を信じること。
その瞬間に集中すること。

こういったことを身につけると、だんだんと抜けるようになってくると思います。

でも、わかっているのにできないことが多い。

自分はちゃんとしなくちゃ~と100%を求めてしまったりしますね。
それに、不安感の多い世の中・・・心を許して、すべてを委ねること・・・それはなかなかに難しいことなのです。

そして、私も自分に言い聞かせます。
『これでいいのだ!』
自分を信じよう。
今ここにいる049.gif
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-16 01:35 | YOGA

学び続ける

色々な先生のクラスにださせていただくと、様ざまな観点があり、一つのポーズをとるにも、こんなアプローチがあったのね・・・ととても勉強になることがある。
ヨガも色々、たとえ同じヨガでも先生によっても違いがある。

ヨガを学び続けることは、人を知り、人とつながる、自分を知り、自分とつながることなんだなと思う。
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-06 00:36 | YOGA

手放すこと

ここのところフィギュアスケートのにわかファンになっています。
テレビでフィギュア、選手のさまざまな努力を目の当たりにして、つい涙してしまうことがあります。

男子、女子共に4回転や3回点半の高度な技を行わなかった選手が金メダルをとりました。
高度な技を行わない決断・・・それはきっと選手にとっては、不安感をぬぐえないものだったのではないでしょうか?

しかし、その行わない決断。高度な技を「手放す」という決断が、他の技の精度を上げ、表現力を磨いたのだと言われています。
「手放す」ことで新たな視点が生まれ、今までになかったものを「得た」ということですね。

私たちも、つい自分のこだわり、自分の思いにとらわれたり、しがみついてしまうことがあります。そういうときは、往々にして、滞りが起こったり、上手くいかなかったり・・・壁に突き当たることがあります。

一歩さがって、一息ついてみると、余裕が生まれたり、新たな目線になり、今まで気づかなかったことが見えてきたり、もう一度頑張ってみようという気持ちが生まれたりします。

そうすると、前に無理やり進もうとしていたことに気がつき、スムーズに進めるようになったりするものではないでしょうか?

今回の金メダルは、「手放す」ことによって、その勇気によって、新たに「得られる」ものがあることを教えてくれました。
[PR]
by lotusflow3r | 2010-03-02 00:12 | HUMAN