YOGAの日々。


by lotusflow3r

<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

茂木さんのお話になっていること、共感します。

ルール過剰・・・への警鐘
自ら本質を見極め判断することの大切さ
震災を「進化」の契機ととらえること

以下、毎日jpからの引用です。
===================
東日本大震災:私たちにできること 脳科学者・茂木健一郎さん

 大震災に見まわれた東日本。大きな喪失感の中で今「私たちにできること」とは--。
 ◇ものごとが自動的に進む時代は終わった。
 ◇自分を作り直す契機

 東日本の被害はすさまじく、こんなに気が重いのは初めてです。でも日本人の脳の「文化的遺伝子」の中には、自然災害に対する行動原理が組み込まれていると思います。いざという時の底力がある。そこに強みがある。

 西日本まで縮こまることはありません。復興には多額の資金が必要であり、経済を活性化させないといけません。いつも通りに物を作り、生活し、花見もする。生きることの多様性を保たなければ。大阪や九州は安全だとアピールし、外国から観光客を呼んで稼ぐことも重要だと思います。

 この10~20年、日本は神経症のようにルールを過剰に重視し、例外的なものを認めない社会でした。市川海老蔵さんの事件、京大入試のカンニング……ささいな事柄で大騒ぎしていた。電車が時刻通りに来ること、コンビニの棚に商品があふれていること、レジで待たされないことが、重要だったのでしょうか。

 ものごとが自動的に進む時代は終わった。生かされるのはやめよう。自ら本質を見極め判断する。その水を買う前に、電灯をつける前に、本当に必要かと意識して問うてみる。自分を一から作り直す時です。東日本の人々は、震災を「進化」の契機ととらえるべきだと思っています。

 今は気丈に振る舞っている被災者の、脳の記憶に刻まれた傷がうずいてくるのはこれからです。「希望」を口にするのは早過ぎると思います。私たちは、想像力と脳の共感能力を使って被災地の悲しみ、怒りを受け止めなければなりません。そこから「連帯」が始まる。被災者が仮設住宅に移った後に何ができるのか、真剣に考えなければ。

 電力供給の今後を考えることこそ「政治」の役割でしょう。持続可能な社会を維持するために、私たちも「お任せ民主主義」を改め、エネルギー問題を見つめ直さなければなりません。【聞き手・根本太一】

==============
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-31 23:59 | HUMAN

need to heal

音楽が与えてくれる癒し。
感情をとじこめることなく、涙を流したり、哀しみをシェアすることをおそれずに・・・。
まだ私たちには、癒すための時間が必要だと、このPVを見て思った。
自分を癒し、そして癒しを捧げられるように・・・。

*Om shree dhanvantre namaha*- Healing for Japan-
In the light of love
we are whole
in the light of love
we are home
in the light of love
we heal and sing
thy will be done
in the light of love
*OM AND SALUTATIONS TO THE CELESTIAL HEALER*
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-31 23:30 | LOVE

One drop of water

ShivaとShaktiについて。
一つの見方。

OnenessとDiversityを表わす。

Shiva=Oneness
Shakti=Diversity

人はみんな生きている。
でもみんな違うことをしている。違う考え、ものの見方、行動。

同じように時間が進み、生まれ、そして死ぬ。
人生、いろいろ。顔も姿も、きているものも違う。

同じ地球に生きている。
違う場所に住み、違うものを食べ、違う風景を見ている。

同じ地球に存在しているということは、シェアしている。
水、空気、大地をシェアしている。
同じ太陽、月、星を見ている。

だから、今回のような大震災で世界の人たちから、たくさんの声援がある。
つながりを感じる。

私たちは、違いがあるから、一つであることを知る。
一つだから、手を携えようと、繋がり逢おうとする。
c0196611_21244250.jpg
Shiva&Shakti...spirit.
We are living myself.
We are sharing this moment.

Sea of water.
One drop of water.
We share the water representing love, life and spirit.

Namaste
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-30 21:25 | HUMAN

節約

節電、省エネ、節制・・・今は特にこういう言葉に敏感です。
以前から、当然、大切なことでした。

わかっていても、できなことがある。
わかっていても、やってなかったこともある。
わかっているのに、しらんふりしていたこともある。

大きなできごとは、大きな転換点。

少しづつできることをやっています。

そんな中で思ったこと・・・

日曜日に渋谷のスタジオ・ヨギーに行くとき、いつものようにエレベーターのボタンを押して、ハッと思った。
4階なんだから歩いて昇れるよ。
でも今、いつものようにボタンを押した。
身についた習慣・・・これだな~(^^ゞ
階段で4階まで行きました。

家に帰ってきて、エレベーターのボタンを押した。
あれ、もう忘れてる。5階まで歩いて昇れるか・・・。
でも疲れているから・・・いいか・・・迷ったけど、エレベーターを使った。
無理をしないことも大切。

これから長く続くであろうこの状況、いえ、これから大きく私たちの生活、習慣を変えていくことが必要なんだ。
ヨガで学んだこと。
地道に続けることで変化は訪れる。

少々無理をして、時には無理をせず、コツコツと続けること。
小さな変化が、振り返ってみれば大きな変化になる。
意識を保ち続けること・・・日々の生活にヨガの成果を活かせるか、問われていると感じています。
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-29 02:11 | HUMAN

authentic voice

目を閉じて、答えを探そうとしていると、様々な想いが浮かんでくる。
多くは頭で考えた答え。
こうあるべき、とか、こうしたほうがいいかも、とか、誰かがこう言ってたという頭で考えた答え。

でも本当の声は、もっと奥深いところから聞こえてくる。
知識を超えたところにある。
英語では、authentic voiceと言うけれど・・・心の声、真の声。

こう揺れ動いている状況では、心が定まらないことが多い。
フォーカスがなかなか合わない。
人の意見が気になる。

だからこそ、本当の声を見つけたいと思う。
それは、すでに自分のなかにある。
呼吸をゆったりと、身体を整え、落ち着いて、本当の声を聞こう。

日曜日のクラスから、逆転のポーズを意識的に入れ始めました。
根付くポーズを地震発生以降、特に多く行ってましたが、逆転のポーズがなんだか必要に思えたから。
自分の練習でも、逆転のポーズを入れ始めました。地震の直後は、ハンドスタンドをやってもあまり気持ちよく感じなかったし、一回でできなかった・・・。
いつも状況は変化していて、私たちもその変化の中にいるから、変化を受け入れる。

なんかそうした方がいいと思ったのは、そう感じたから。
内側からやってきた声に導かれた。
私は、理論が好きだし、頭で考えがちなので、感じることを見逃さないようにしている。

原発に関連して発生している水や食物の問題。
マスコミ、ネットからの情報だけではなく、友人・知人からの情報・・・ほとんどは私たちのために良かれと思って情報を提供してくれています。でもその情報の中に身を置いていると、どう選択して良いのかわからなくなる。
一体何を信じていいのか、自分はどう行動すべきなのか、変化の中で、どんなときも、本当の声に耳を傾けられるようにありたい。
答えは、一つではなく、それぞれ違っていてもいい、それは私たちの内側にある。
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-29 00:31 | HUMAN

exite以外のブログLINK

my teacher, Ross Rayburn BLOG → http://rossrayburn.com/

ヨガ仲間のMikaさんのブログです → http://ameblo.jp/mikachang/

ヨガ仲間のMasumiさんのブログです → http://moriokayoga.livedoor.biz/
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-24 00:06 | LINK

湯たんぽ

まだまだ寒さが続く中、計画停電があったり、節電、エネルギーの節約を心がけています。
被災された方々は、お水も出ない状況でまだまだ不便な生活が続いているので、それに比べれば電気だって待てばつくし、水だってガスだって通じてる。ありがたさを改めて感じます。
c0196611_1395830.jpgうちの暖房器具は、ガスファンヒーターなんだけど、使わずに寒さを乗り切ろうと思って、思い出したのが湯たんぽ!!!
実家を整理するときに、亡き母が猫のために買ってあった新しい湯たんぽをもらってきました。
今年はまだ使ってなかったんだけど、そうだ!!!湯たんぽがあったじゃない~と思い出して、お湯を沸かし、コポコポと音をたてながら注ぎました。
あったかーい063.gifヌクヌクです。
猫のようにまあるくなって、湯たんぽを抱えて寝たい・・・058.gif
かなり長時間暖かいです。
そしてお湯で食器や顔が洗えます。
昔のものは、今忘れてしまった温もりを思い出させてくれます。
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-23 13:10 | NATURE

災害時の瞑想法

今私たちが直面している大災害。
被災された方々はもちろんのこと、何かできることはないかと思いながらも無力さを感じている私たちに有効な瞑想法をカルロス・ポメダ先生にうかがいました。(カルロス・ポメダ先生は、私の哲学の師です)
ぜひ皆さんにシェアしたいと思い、お知らせします。
(以下、主要な部分を翻訳しました)
[  ]内は、私がした質問です

[Q◆私は地震や津波、原発の問題などに直面し、瞑想に集中できずにいます・・・]
このような状況で感情的に動揺し瞑想に集中できなくなるのはノーマルな反応です。心配することはありません。


[Q◆無力さを感じている私たち、そして被災された方々にとってどのような瞑想法がよいと思われますか?アドバイスをお願いします。]
まず座位の姿勢を整えること(アラインメント)でグラウンディングさせます。
次に、「ハート」にフォーカスし、愛を表わす物として「白い光」をヴィジュアライズする。
そして、その光が犠牲者の人々を包み、「苦しみを和らげていく」ことをヴィジュアライズします。
このタイプの瞑想法は、被害にあった方々とあなたたち両方に適しています。
あなたのエネルギーを他の人たちを助ける為にフォーカスすればするほど、同様にあなた自身にも助けになるでしょう。


私たちの心は、いつも日本の人々と共にあります。
愛と祝福
カルロス

*****************
カルロス先生に敬愛と感謝の気持ちを込めて・・・
Namaste
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-23 05:15 | YOGA

studio yoggy クラス再開

地震の影響で、studio yoggyのクラスはしばらくお休みになっていました。
日曜日から再開し、私は今日が久し振りのクラスでした。

新宿のエナジーのクラスでは、とにかく動くこと。呼吸を見つめ、安定感を感じること。
中目黒はアヌサラインスパイアド・ビギナーズで、tadasanaをテーマに行ないました。

どのクラスも、まず呼吸とつながること、そして自分を強く、安定させること。
このような時、元気に生活できている私たちは何か役に立ちたいと思っています。
でも何もできない・・・ただ祈るだけ。人の助けをするために、サポートするためにまず自分を強くすること。
tadasanaを普段の生活でも保てるか・・・自分と繋がっていられるか・・・そんなことをテーマにおりこみました。

たくさん動いて、内側のエネルギーを活性化して、元気になること、まず私たち自身が強く根ざした存在になること。内側の光を感じること。その強さを、を人に捧げることができる。

とってもたくさん動いたので、すっきりしたという方が多かったです。
こんなときこそ、ヨガが役に立ちます。ヨガで元気になりましょう!
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-21 22:41 | YOGA
アヌサラ・ヨガの創始者ジョン・フレンドが、日本を襲った地震、津波という自然災害と「GRACE」との関係についてインタビューに応えています。

John Friend: Finding Grace in times of Disaster
http://bayshakti.com/john-friend-finding-grace-in-times-of-disaster-video

『死』というものの概念をどう見るか、すべてのものは死を迎え、そしてまた次へと進んでいく。
選択することの意味、運命とは・・・GRACEとは・・・。
苦しみから逃れるためには・・・何かにしがみつくことから離れること。

とても意味の深い話です。
受け入れること、そして進んでいくこと、それは理解している。けれども・・・今私たちが直面している現実は言葉で表すにはあまりにも厳しい、心が大きく痛む。今までにない経験です。
それをどう乗り越えるか・・・GRACEって本当にあるのか?と最近は思っていました。
GRACEは、生も死も全てを含んでいる。生きること、共に存在することなんだと、改めて感じた話でした。
VIDEOインタビューです。
[PR]
by lotusflow3r | 2011-03-17 03:05 | HUMAN