YOGAの日々。


by lotusflow3r

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

milk

hibikiのホームページで牛乳について書かれています。
アーユルヴェーダでは、牛乳を飲用するだけでなく、トリートメントにも利用することもあるくらい、重用されています。
ご興味ある方ぜひ、お読みください。
http://hibikiau.exblog.jp/

最近は乳牛の飼料にホルモン剤が加えられていて、そのホルモン剤が人体に悪影響を及ぼす・・・といった牛乳はダメ!という本も出されていて、さまざまな見解があります。
でも私は、牛乳大好きなので、質の良いものを適度に飲んでます。

c0196611_2243365.jpg昨年インドを旅した際は、アシュラムの食事の際に出されるホットミルクが楽しみで、楽しみで・・・ちょっとしたエピソードも生まれました。

←毎日のように食べていた「フルーツサラダ」

c0196611_2322965.jpg インド旅行中は、ほぼ菜食で、たんぱく質を摂ることがなかなか難しかったので、牛乳が使われているチャイやホワイトソースがかかったグラタン、チーズ、ヨーグルトなどをできるだけ摂るようにしていました。

←焦げ目がない・・・ちょっと残念な「カリフラワーのグラタン」

c0196611_2263651.jpg←儀式が行われるシュリー・バガヴァーンの神殿


ティルヴァンナマライにあるラマナ・マハリシのアシュラムでは、毎朝「ミルクの儀式」(シュリー・バガヴァーンに詠唱とミルクの奉納)が行われ、最後に甘い練乳のようなミルクを手のひらに少しいただくことができます。プラサード(聖なる贈り物)という、神に捧げたものをお祈りの後にいただくのです。
短い滞在期間でしたが、私は一日で一番この時間が好きでした。
儀式が終わると、列に並び、手のひらにスプーン一杯ぐらいの甘くとろっとしたミルクをいただきます。こぼさないように口に含むと、喜びがわき上がります。ありがたい気持ちです。顔が自然にほころんでいるのがわかります。
さらにこの儀式を仕切っている僧侶のお兄さんがイケメンですから、なんだかちょっとプラスアルファも加わっていたかも(^_-)

c0196611_2294152.jpg

このアシュラムでは、敷地内で牛を飼っていて、毎朝その牛の乳を搾って儀式や食事用に使われているということでした。だからとってもおいしいのだと思います。滋味たっぷりとはこのためにある言葉じゃないかというくらいでした。
<上の写真は、敷地内にあるラマナ・マハリシ(シュリー・バガヴァーン)の絵>
c0196611_2382665.jpg
朝食の最後には、甘いホットミルクが配られます。ところが、コップは一つ。そのコップには水が入っていて、飲み干さないとミルクがいただけません・・・。悩みます(+o+)
ラマナアシュラムに行ったのは、旅も後半でだいぶインドになじんだつもりだったので、アシュラムのお水は濾過したお水だから、きっと大丈夫だろう・・・とミルク欲しさに一気飲み( ^)o(^ )
ホットミルクがおいしくて、おいしくて、おかわりをいただきたいと思いました(笑)
ちょうどお代わり配り始めていたので、ミルクを飲み干し、お代わりお願いします~と合図をすると、コップに半分しかなかったのです。
それで十分だったのですが、やさしいお給仕の頭っぽいおじさんが「あの子にもっとミルクをもってきてあげなさい」と言ってくれたみたいで、さらにお代わりをもってきてくださいました。
朝食のイドリという蒸しパンにカレーをかけたもの食べ、水を1杯飲み、ホットミルクを都合2杯半・・・・。お腹がいっぱいです。幸せもいっぱいの朝食でした。
この朝食、インド滞在中で一番たくさん食べた感じがします。

そしてその日の夜から・・・おなかの調子がちょっと悪くなりまして、ほぼ回復していたお腹がピーピーになってしまいました。食い意地・・・ミルク飲み意地の張ったバチが当たったみたいです(・_・;)

私がなんでこんなにミルクが好きなのか・・・幼稚園に入る前、ご飯を食べなくて、毎日200ミリの牛乳を5本から8本ぐらい飲んでいたそうです。
母が、私があまりにもご飯を食べないので、心配して主治医の先生に聞いたそうです。そうしたら、そんなに牛乳を飲んでいたら十分栄養が足りているから、大丈夫ですよ!と笑われたらしいです。
私の身体は、半分ぐらい牛乳でできていたかもしれませんね(笑)

今はそんなにたくさん牛乳を飲んでません。質の良い牛乳が手に入ったときは、ちょっとがぶ飲みしますが、時々飲むくらいです。でもインドに行ってから、チャイを入れたり、ホットミルクにしたり・・・牛乳を飲むことが増えました。
何かとミルクには縁があるみたいです。
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-30 02:31 | NATURE

cold and windy

c0196611_16572320.jpg

風が強くて、寒い日でした。
冬らしいきれいな日の入り。
厳しさは、精錬な心を作る…そんな言葉が浮かびました。

Beautiful winter sunset with mt. Fuji. Today is very cold and windy.
Discipline makes clear mind.
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-25 16:57 | NATURE

oyster oyster oyster

c0196611_15182664.jpg

Oyster is one of tastes of winter! I like baked oyster<3
冬の味覚、蛎。焼き蛎、美味しかった~012.gif
滋養たっぷり、亜鉛をたくさん含んだ蛎は、冬にもってこいの食べ物ですね。元気になりました!!
c0196611_15183559.jpg

[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-24 15:11 | NATURE
私の先生、ROSS RAYBURNがやっと日本に戻ってきます。ここ数年はなかなか来日の機会がなく、私はニューヨークやソウルにトレーニング、ワークショップと追いかけてきました016.gif

アヌサラ・ヨガを学ぶ中で出会い、私の日々の教え、ティーチングの基盤となっている教えをいただいたのがロスです。
シンプルなメッセージの中に秘められた深い洞察。等身大の飾らない言葉。楽しくリズミカルなインストラクション。ヨガって、楽しいよね!っていう気持ちが内側からわき上がります。

内側の声を聞くこと、それを自分の言葉として表現する。ティーチャートレーニングでは、そのシンプルだけど決して簡単ではないことを学びました。みなさんも新年のスタートに、ぜひ経験してみてください!!

彼からのメッセージをぜひお読みください。私は、そのなかの『恥ずかしがらずに』というところが、彼の誰だって楽しいことも悲しいこともあるよ、大変なことだってたくさん乗り越えてきてるんだよ・・・っていう、ハートの深いところから来るメッセージじゃないかな・・・と思います。

もちろん私も参加します!!!
c0196611_1649249.jpg

以下、スパンダスタジオの告知です。

来る2月10日、あのロスが日本に帰ってきます!スパンダヨガでは3時間のワークショップを2本企画しました。 いずれもロス先生が新たな年の幕開けに際し、皆様へのメッセージを込めた内容の濃いものとなりました。 大人気講師ロス・レイバーンのティーチングが受けられるこの貴重な機会を、どうぞお見逃しなく!!


【アーサナのフルコース!】10:00~13:00

楽しく、やりごたえがあり、参加者を変える力もあるアーサナのクラス。レベルを問わず参加できます。主要なポーズ群の全てを楽しみ、プラーナヤマと瞑想で締めくくります。


【セラピューティックス・ワークショップ】15:00~18:00

世界中でヨガ人気が高まるなか、ヨガに伴う怪我もかつてないほど増えています。でも、練習に幾つかの重要な調整を施すことで、起こりやすい怪我を防ぐ、あるいは手当てすることができるのです。 定期的に練習している人のためにデザインされたヨガ・セラピューティックスの概要を、ロスと学びましょう。ヨガ指導者にも参加をお勧めします。


〜来日にあたりロスから皆様へのメッセージ〜

「新たな始まり」

2013年は、多くの人にとって、新たな始まりの時です。新たに始めるチャンス…それは、誰もが望むものではありませんか?でも、本当に再スタートを切ることができるのでしょうか?それを試してみるのは、賢明なことなのでしょうか?このような質問には、考えられる答えがいくつもあります。

確かなことは、私たちの過去も、私たちの一部なのです。そして、過去ゆえに存在する自分を受け入れ、尊重することが、健全な始まりの一部なのです。そうすれば、もう一度をチャンスを与えてほしいという、私たちに内在する切望が、真実により近いものに基づくことになるでしょう。その後にしなければならないのは、過去を記憶にとどめながらも、過去にとらわれないようにすることです。学んだ教訓を忘れることなく、恥ずかしがらずに自分の創造的本質に入り込む。それは、控えめに言っても手ごわい課題ですが、やりがいのある試みとなるでしょう。

これを、マットの上でいかに実践するか?この問いが、2013年に私が教える際の焦点となります。私と一緒にこのテーマを探っていきましょう。

今までを思い出しながら、ヨガの新たな経験を迎えるのです。


日程: 2013年2月10日(日)

講師: ロス・レイバーン(Ross Rayburn)

開催場所: スパンダヨガスタジオ(北千住)

受講料: アーサナWSー6,500円 セラピューティクスWSー7,500円 / 2本受講ー13,000円

お問い合わせ/お申し込み: 電話 080−2331−1687  メール info@spandayoga.net

*お申し込みの際には必ずフルネーム、お電話番号、メールアドレスとご希望のWSタイトルをお書き添え下さい。


c0196611_16487100.jpg【講師プロフィール】

ロスがヨガを始めたのは1997年、膝を怪我してから。1999年、ヨガワークスでアシュタンガとアイアンガーのトレーニングを受け、2000年からジョン・フレンドのもとで学び始め、2003年にアヌサラヨガの正式認定指導者に。2004年にロサンゼルスで ヨガ・インサイドアウト を開設。2007年からは、常にツアー中の指導者として世界中でワークショップやトレーニングを実施している。

http://spandayoga.net/wsandevent/ross.html
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-18 16:49 | YOGA

Okinawan tangerine

c0196611_11183869.jpg

待ちに待った沖縄のタンカン到着!
昨年末に予約。来月は奄美大島から届く予定♪('ε'*)
自然の恵みに感謝
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-18 11:19 | NATURE
ご興味のある方、お待ちしています。

ヨガで女性特有の症状にアプローチ!  ~自宅で出来るポーズを学びましょう~ 
寒い冬を乗り切り、変化を迎える春に向けての準備編

http://www.studio-yoggy.com/classes/sp/20121204_5.html

冷えやむくみ、腰痛、肩こり、生理に関わるトラブルや更年期の症状など、女性特有の不快な症状にお悩みではないですか?

女性に多く見られる筋力低下やストレス、緊張、座る時間の長さなどから、血液の流れが滞りがちになります。
症状を改善したいという方から、自宅で行えるオススメのポーズは...といったご質問をお受けすることがあります。

骨盤内の血流を良くし、ホルモンバランスを整えるよう、骨盤周辺の筋力アップとストレッチ効果を高めるシンプルなポーズをゆっくりと行います。
ポーズを覚えて、お家や会社で短時間に練習できるように、朝と夜のシークエンスもまじえてインストラクションします。

今回は、寒い冬を乗り切り、変化を迎える春に向けての準備となるようなポーズをピックアップします。
巡りが良くなると、身体がぽかぽか温かく感じられ、心も温かく元気になってくるはずです。    

リラックスレベルのクラスですので、初心者の方も安心してご参加ください。

■ 開催日:2013年1月27日(日)14:00~15:30 (90分)
■ 開催場所:銀座スタジオ
■ 受講料:4,000円(マット代込)※ロハスメンバーは、2,000円 ※チケット2回分消化でも受講可能です。(3回券利用不可)
■ 対象: 初心者から経験者までどなたでも(女性限定)
■ 募集定員:29名
■ 講師:アツコ
■ 申し込み:WEB予約またはお電話にて承ります。
お電話では、お客様のお名前・会員番号・緊急ご連絡先(携帯番号などつながりやすいもの)をご連絡ください。
■ 問い合わせ: 銀座スタジオ:tel 03-5159-7159
■ キャンセルについて:ご予約をキャンセルされる場合には、前日までにご連絡をお願いします。
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-09 22:38 | YOGA

flow with grace 導き

本日アーユルスペース響のクラスに、ヨガ仲間・・・尊敬する先生の一人であるトモコさんが来てくださいました。シカゴに在住、ヨガの先生をされていて、お正月に日本に帰ってきます。
そして偶然にもご実家が響の近く、歩いて10分!
c0196611_22194276.jpg

今回帰国するにあたって、近所でヨガができたらな~と検索したら響が出てきたそうです。とってもうれしくて、感激!
写真は、和のテイストの響のお部屋に感激して下さって・・・ハンガーと共に撮りたい!とはしゃぐお茶目なトモコさん(笑)

トモコさんは、私がヨガを教えようと思ったきっかけを与えてくれた先生です。
当時、私は会社に勤めていて、ヨガを教えるという選択肢は人生の中にまったくありませんでした。
ただ、ヨガの不思議さに魅かれて勉強をしていたのです。それは自分のため・・・だけの学びでした。
大きな転換点となったのが、トモコさんのお話です。

確か6、7年前、やや記憶があいまいですが、ヨガを本格的に勉強し始めた頃のこと。スタジオ・ヨギーでトモコさんのワークショップに参加しました。
シカゴでは、ヨガのセッションが病院、ホスピスなどでも行われていて、お友達の先生が新聞で紹介されたことをシェアしてくれました。
ホスピスで、死を待つ人とのヨガセッション。
アーサナ(ポーズ)を行うだけではなく、呼吸法をしたり、少し動いたりはするけれど、ベッドの上でお話をしたり、手を握ったりするだけのヨガもあると。なかには、ゲイの患者さんにマニキュアを塗ってあげたりすることもあって、死をその人がどう迎えるか、向き合うかということにおいて、少しでもより良い人生を過ごせるようにと、時間を共に過ごす、シェアをするというヨガのセッションがあることを知った

それまでの私の頭に描いていたヨガの先生とは、アーサナを教える、ポーズをやるだけの先生でした。
その話を聞いて、「共に過ごす」「シェアをする」ことで少しでもより良い日々を過ごせるようにとお手伝いできるのがヨガの先生なのだ・・・と思ったのです。
そしてもしかしたら、自分も何か役に立てることがあるかもしれない、何かできないか・・・という思いがわき上がり、ヨガを教えるということが私の人生の中に入ってきました。

さらにその当時、親が子を殺害するというショッキングな事件が日本で起こったばかりで、トモコさんはそのことについて話してくれました。
アヌサラヨガでは、すべての中に善や美があると教えがあります。でも、親が子を殺すといったことがあっていいのか・・・そこにも善があるというのか・・・善があるとは思えない・・・納得がいかない。
どうとらえたらよいのか、とても悩んでいる。
でもその中で、私たちは前に進んでいかなくてはならない・・・。

心の迷いをシェアしてくれたことは、私を大きく刺激しました。
先生は完璧なものではなく、誰だって悩んだり、迷ったりして、その中で前に進んでいくんだと改めて知りました。これは頭でわかっていても、「先生とはこういうものだ」という先入観が付きまといます。
その先入観をクリアにしてくれたのです。

悩んでいいんだ・・・!これはそれまでの私にとっては、悩みをシェアすることは弱さやマイナスというイメージにとらわれていました。
大きな視点の変化です。
完璧である必要はなく、悩みながらも進んでいくことの意味、価値を教えてくれたのです。

今こうしてヨガを伝えるという道を歩む私にとって、その大きな道への扉を開いてくれたのがトモコさんなのです。
今も時々その話を思い出して、クラスでお話させていただくこともあります。そして、迷ったときにはいつも思い出し、自分がなぜ今ヨガを伝えているのか、何がしたかったのか・・・原点となっています。
c0196611_22225490.jpg←和テイストの障子と共に私も一枚(笑)


自分の経験や知識が、人の役に立てればそれが何より。
スキルにこだわるのではなく、ハートで向き合う。
心が導いてくれる方向に向かえばいい。

051.gifトモコさんとの出会いに、そして再会に感謝053.gif

c0196611_22253877.jpgクラスの後に、響のお隣『三浦』でランチ!おいしかった!ごちそう様でした~。
[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-09 22:27 | YOGA

のんびり

のんびりと過ごしたお正月。
昨日は、亡くなった母の誕生日で毎年家族で集まって新年会。
笑って、食べて、飲んで、あっという間に時が過ぎた。
楽しいことばかりじゃなくても、人生って素晴らしい!と思える一年にしたいです。

沈む夕陽もまた美しい。今年もよろしくお願いいたします(^.^)(-.-)(__)
c0196611_18203574.jpg

[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-03 18:16 | NATURE

new year 2013

New year's rising sun and mt. Fuji the view from my room.
Starting with meditation but chilly013.gif005.gif
May the peace be with all of us!
c0196611_7272888.jpg

c0196611_7275272.jpg

[PR]
by lotusflow3r | 2013-01-01 07:20 | NATURE