アツコです。YOGAとAyurvedaを学び、伝えています。スタジオ・ヨギー、アーユルスペース響などでクラスを行っています。思いつきのトピックを紹介しています。


by ATSUKO_lotusflow3r

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アーユルスペース響の感謝企画のご案内です。
インドってどんなところ?
アーユルヴェーダの治療ってどんなことをするの?
そんなことをお伝えしつつ、みんなで楽しい時間が過ごせたら・・・と企画しました。
まだ若干お席が空いてますので、ご興味のある方はご参加ください。

響ブログのリンクはここから ↓
http://hibikiau.exblog.jp/21770839/

インドでヨガやアーユルヴェーダがどのように実践されているのか、
町の様子や施設の写真などを交えながら報告会を行います。
アーユルヴェーダ施設でのパンチャカルマ(浄化法)を受けられた
響のお客様から、体験談もシェアしていただきます。
インド家庭料理とお茶を楽しみながら、
響をご利用いただいている皆さまと
共に過ごす時間を持ちたいと思っています。
気軽にご参加ください。


12月20日(日)13:00~15:00
定員: 12名 (予約制)
料金: 1,500円(食事・お茶・お菓子つき)

[PR]
by lotusflow3r | 2015-11-23 22:49 | Ayurveda

vulnerability

vulnerabilityとは、傷つきやすいことや弱み、システムの用語では脆弱性を表します。
弱いことは悪いことでしょうか?
傷つくことはダメなことでしょうか?
脆弱性のないシステムは存在するのでしょうか?

私たちは、完全であることや、実りのあること、強い存在を優れていると考える傾向にあります。
社会的価値の高いもの、金銭的な優位性を求めたりします。
勝ち組、負け組という表現は、それを良く表していると思います。

そんな風に考えたり、その価値を押し付けられていると苦しいと感じませんか?
自分の感情や感覚は自分しかわからないのに、つい外にある、他人からの基準に当てはめてしまうことはありませんか?
お金持ちの人は、みんな幸せですか?

弱点を見つけたり、課題を見つけることは、チャンスです。変化のチャンス。改善のチャンスなのです。
まず、自分を否定せず、感情におもねることなく、受け入れること。それさえできれば、変わることができます。
受け入れるということは、様々な段階や状況があって、簡単なことではないかもしれません。

ヨガでは、vulnerabilityを大切にしています。
けがをしたり、病気になったり、失敗したり、つまづいたり・・・うまくいかない時こそ、受け入れて、その課題に取り組むとき、変化や成長があります。
人の価値観に左右されることなく、その時に生きること、その時々に専心することは、懸命に生きている証です。

そしてどんなことも、どんな時も、私たちは良い方向に向かおうとする本質を持っています。
ポジティブに、前を向いて進んでいくことができれば、人生を全うしている、今が一番幸せだな・・・と思えるのではないでしょうか。
c0196611_22574073.jpg
今日、10数年ぶりの高校のクラス会で旧友に会いました。
みんなそれぞれ、うれしいことも大変なことも、悲しいことも懸命に乗り越えて、内側からの笑顔が輝いていました。
みんなとっても美しかった。しわはもちろん増えてるけど(笑)
雰囲気や性格は変わらないけど、それぞれに乗り越えてきた人生の歩みというものが、寛容さや生き生きとした表情に現れていたように思えます。
昔から変わらないもの、内面で変わったもの、それぞれが持つ脆弱性からの恵みだな~とうれしくなりました。

これからもポジティブに、自分らしい人生を歩もうと改めて思った一日でした。

Being Positive and Live your Life!

[PR]
by lotusflow3r | 2015-11-08 23:00 | HUMAN