アツコです。YOGAとAyurvedaを学び、伝えています。スタジオ・ヨギー、アーユルスペース響などでクラスを行っています。思いつきのトピックを紹介しています。


by ATSUKO_lotusflow3r

蓮見茶屋

c0196611_21374592.jpgオーストラリアから遊びに来たAくんと再会。
金曜日は、原宿で待ち合わせして竹下通り、キディランド、裏原宿を巡ってから、恵比寿の写真美術館へ。都庁の展望台に上がり、彼が大好きという映画「ロスト・イン・トランスレーション」の舞台となったパークハイアットやラストシーンのヨドバシカメラ横などを案内。


c0196611_2138642.jpg翌日の4日土曜は、上野でフェアウェルランチ。
不忍池のほとりにある、蓮見茶屋。

オーストラリアに今晩帰国するまえに…ということで、上野で待ち合わせ、蓮の花はあんまり咲いてなかったけど、蓮の葉に昨晩降った雨が溜まり、風情があった。

蓮見茶屋でおむすびセットと甘味をいただきました。

案内すると初めて知ることもたくさんあり、いろんな話もできて楽しかった~♪
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-07-04 21:30 | HUMAN

キツツキ

c0196611_21302694.jpg小金井公園はとても豊かな自然が残っています。

今日はクラスの帰りに「コンコンコンコン」という音に反応して、木をよくみたらキツツキが!

水を含んだ樹木の肌は、鈍い音をさせ、キツツキが木肌をつついてました。

こんなにちゃんと音を聞いたのも、間近で見たのも初めて~ 。

自然の営みに感激!
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-07-02 16:29 | NATURE

宗教と哲学の違い

c0196611_2451499.jpg

日曜日のワークショップで先生のkimiさんが説明してくれたこの違い。
わかりやすかったので、記録・・・。


宗教は、ただただ教えを信じること。
哲学は、事実を知ろうと、問い続けること。


私は、宗教は疑いなく受け入れる盲信的、哲学は現実を知り論理的に解明する科学的、というように理解しました。


よく、ヨガをやっていると言うと、なんとなく宗教チックで、怪しげな感じを抱かれることがある。
特に、ヨガを良く知らない人や親の世代は、あの団体を思い起こすらしい。

そう、私もヨガスタジオを探していた3年前、そういう宗教チックな感じのしないところ、商業的に行っているところを探した。
HPでもマントラは唱えません・・・と書いてあったところを探して行ったのが、スタジオ・ヨギーだった。
(スタジオ・ヨギーは今は、クラスによってマントラ唱えてます。社会的に理解が深まってきた、ヨガが一般的になってきた。某団体のイメージが払拭されてきたという理由だそうです)

当時は、マントラを唱えると、ヘッドギアを付けされられそうな恐怖感がありました・・・(・_・;

でもヨガをちゃんと勉強するようになり、そしてアヌサラ・ヨガに出会ったことが一番大きいと思うけど、マントラを唱える意味やその力を知り、怖さはなくなりました。

4月からは、一部のクラスで始まりと終わりにOMを唱えるようになりました。
自分でもマントラを唱える意味を説明できるようになった・・・と思えたし、誤解や偏見を持たれなさそうな雰囲気のクラスでは、参加している方もきっと理解してくれるだろうと思ったからです。もちろん、抵抗を感じる方はやる必要はないことも伝えます。

ヨガのベーシックコースを受講したとき、先生に「ヨガは何教ですか?」と質問しました(汗)(^▽^;)
先生の答えは、「ヨガは宗教じゃありませんよ。哲学、知恵です。」でした。
なるほど、納得!です。

それまで何冊かヨガの本を読んでみたけど、その部分が引っかかっていたし、当時(3年前)はホント何もわかってなかったので、基礎をきちんと学ぼうと思い、ベーシックコースを受講したのです。
恥ずかしかったけど、質問して良かった~と帰り道で、晴れがましい気持ちになりました。

ヨガ、インド哲学はインド発祥なので、当然のことながらジャイナ教やヒンドゥー教、仏教などをベースに発展してきています。だから宗教と無縁ではないけれど、最初に書いたように、宗教と哲学には大きな違いがあります。

宗教と哲学の違い、ヨガとは何か・・・どんな人にも説明できるように、理解してもらえるように、もっと勉強しなくちゃ~と思います。
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-06-23 02:45 | YOGA

音と融合する瞬間

このタイトル書いてみて、正確には正しくないかも・・・と思った。

音は、元々万物の源と言われていて、原子・分子などが震動することによって物質ができている。
震動が、凝縮されると音になる。だから、全ての物質、私たちの身体もまた音からできていると、インド哲学では言っている。
音(ナダ)・・・それは宇宙の始まりだと。

だから、音と融合するというよりも、元々私たちは音によってできているのだから、融合ではないな・・・と。
でもまあ、一般的には音と身体は分類されているので、このタイトルのままにした。
って、理屈っぽすぎるな(笑)

3月に通訳として経験させていただいた、音のヨガ、ナダ・ヨガ。
その時から、音を聞く、響き、震動を感じることにより繊細になれたと思う。


c0196611_236064.jpg毎朝、母の仏壇に手を合わせるときに、チーンとおりんを鳴らす。
体調がいい時は、音、響きが身体の中にスーっと入ってくる。
音と身体が共鳴している感じがする。

マントラを唱えるときも、喉によって息が震え、音となって、身体の中から響き渡る。
集中して、落ち着いていると、その響きを感じる。

日曜日のガヤトリ・マントラのワークショップで、108回マントラを唱えていて、自分の発する音と周囲の人たちが発する音、部屋、空間・・・と一体になる、融合する感覚があった。

普段のヨガのクラスでも、最初と最後のマントラの時に、融けあう感覚はあったけど、日曜日に経験した感覚は、今までの中でもその一体感が強いものだった。

哲学を<勉強>して、それを自分自身の<体感>として、<経験として知る>ことができるのが、『ヨガ』だと言われているが、まさしく『知識と経験が融合』した瞬間だった。

科学を経験すること、頭でわかっていても体感することって、一般的な学問では難しいと思っていたけど、哲学ってそれができる学問だとわかりました。

ヨガってすごいなぁ~。私がヨガに惹かれた理由がわかった・・・。
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-06-23 02:32 | YOGA

GAYATRI

c0196611_0564415.jpg昨日は夏至。「ガヤトリ・マントラ」のWSに行ってきました。
ガヤトリとは、インドの女神の一人です。
太陽・母・ヴェーダの源と言われています。

とても強い浄化力、願望達成の力を持つといわれているガヤトリ・マントラ。夏至の太陽力がもっとも強い日にこのマントラをみんなで唱え、太陽への感謝の気持ちを伝えましょう、というワークショップでした。
108回・・・マントラを唱え、最後に実現したいことや手に入れたいものなど・・・ガヤトリにお願いしました。

一日に三回。
午前4時から8時の間、正午、午後4時から8時の間に、太陽に感謝の気持ちを込めて、マントラを三回唱え、最後にshantiを三回(body/spirit/energyに対して)唱えると良いそうですよ。
私は今日から始めました。

c0196611_0565791.jpgGAYATRI MANTRA

OM

BHUR BHUVA SVAHA

TAT SAVITUR VARENYAM

BHARGO DEVASYA DHEEMAHI

DHIYO YUNAH PRACHODAYAT
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-06-22 20:55 | YOGA

sensitivity

Be sensitive...繊細になること。

呼吸を深くゆっくりと行うことによって、settle down静める。
それは身体へのawareness 気づきをもたらす。
そして、consciousness 高い意識へと導いてくれる。

アヌサラのとても素敵な先生rossのワークショップのテーマだった。
受けていて印象に残った言葉、思ったことを羅列してみる。

sensitive 繊細であることと、 weakness 弱いことは、違う。
敏感であることは大切だけど、感じすぎて、ハートを緊張させてしまうのは、方向が違う。

繊細であろうとすると、他人、周囲にフォーカスしてしまうことが多い。
自分自身の感覚に繊細であることからスタートする。
これは、先日も書いたが自分を愛するということとつながる。

繊細であるということは、言葉の概念だけで考えていても意味はない。実践すること。
それは、自分が生きているという事を意識化しながら、日々をおくること。
そう簡単に書くけれど、難しいことだと思う。

c0196611_1335786.jpgYOGAはマットの上だけではないこと。
人生の生き方そのもの。
繊細さについて、もっと深く考え、日々実践しようと改めて思った。

そう、昨年9月にrossのトレーニングを受けたときにもそう思っていた。
いつも忘れるなぁ・・・と反省しつつ。sensitivitiyは全ての基本だと再認識。

ワークショップの最後にrossは言った。(ややニュアンスは違うかもしれないけど、記憶に残っている部分を書くと)

繊細になること。
人が困窮している時、繊細さを持ち、接する。
人が小さなことしか見えなくなってしまっている時、ヴィジョン(視野)を広げる。
人が嫌な思いを抱いている時、その人をも愛すること。
それはたやすいことではないけれど・・・
愛すること、愛を捧げ続けること、平安、平和な世界の実現に向けて。

その言葉に心が共鳴して、涙が頬をつたった・・・。
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-04-27 01:30 | YOGA

自分を愛するということ

c0196611_0294166.jpg

自分を愛すること・・・意外に忘れてしまいます。

自分を信じること
自分をいたわること
自分を愛すること

自分に正直になることは、わがままに振る舞うことではなく、自分の思いや心と身体の状態を知り、見つめ、認識して受け入れること。
そこからが始まりです。

自分への愛は、甘やかすということではなく、自分を尊重すること。

そこから可能性が広がります。

c0196611_0303082.jpg
今年は桜がとても長い期間、私達を楽しませてくれて、幸せな春です。

桜はまるで一番良いタイミングを知っているかのように、咲き始めます。
自分を観察する天才のようです。
鳥や蜜蜂、人も集まります。
授粉、花が散り、未来に向けて進み続けます。


c0196611_031166.jpgそんな光景を見ながら、美しい春に、美しいと思えることの素晴らしさを感じました。

美しいと感じることは、自然とのつながり、自分の内側からふくらむ愛を認識させてくれます。

自分を愛することは、自然を愛すること、人を愛することなのだと、桜の花が教えてくれたように思います。
[PR]
# by lotusflow3r | 2009-04-11 00:32 | NATURE

BLOOM

c0196611_19365636.jpg
春です。
満開まであと一歩。
c0196611_19371944.jpg


つぼみは、内側からふくらみます。

私たちの身体も、呼吸と共に内側からふくらみます。

心も内側から動き始めます。

ふくらむ季節、美しさを感じやすい季節。

太陽と土と雨の恵み。

桜は、そんな自然とのつながりを教えてくれます。

under the cherry blossoms...
c0196611_19375387.jpg

[PR]
# by lotusflow3r | 2009-04-02 19:36 | NATURE